クラウドソーシングとは?始め方や基礎知識から単価交渉まで解説

この記事ではクラウドソーシングの基礎知識と始め方について説明しています。

ステータスを上げて自分の価値を高めていくという攻略要素があって面白いですよ。

始めるにあたり費用がかかる物でもないので、興味があれば始めてみてください。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、インターネット上で不特定多数の人に仕事の依頼ができるサービスです。

今回の説明は依頼をする方ではなく受ける方、つまりクラウドソーシングを利用して働く人が対象になります。

クラウドソーングの依頼

クラウドソーシングで依頼されている仕事は多岐に渡ります。

  • データ入力
  • 体験談やアンケート
  • 記事執筆
  • 翻訳
  • プログラミング
  • デザイン
  • イラスト
  • テープ起こし

他にも音楽の制作やアプリの開発などもありますが、基本的には受け渡しなどを含めてWEB上で完結できるサービスです。

WEB上でデータの受け渡しが出来さえすれば、基本的にクライアント(依頼者)は何でも頼めるので、依頼は多岐に渡ります。

専門知識が無くても、データ入力や体験談やアンケートなどは行えますし、PCではなくスマホのみで行なっている人もいます。

NET環境さえあれば誰でも働けるのがクラウドソーシングの良いところです。

オススメのクラウドソーシングサービス

依頼者と受注者は、クラウドソーシングサービスを提供している会社のサイトで繋がることになります。

そのサイトに登録することで、依頼が載っている掲示板のようなものが使えたり、条件の合った受注者に声をかけることができるようになります。

クラウドソーシングを提供している会社はいくつかありますが、ここでは大手2社をご紹介します。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

この2社は登録者数も日本最大級なので、とりあえずこの2つに登録することをオススメします。

同じ依頼者が両方で同じ依頼をしている場合もあるのですが、片方にしか掲載していない依頼者もいるのでより良い条件の案件を探すことが可能になります。

あと使い方がすごい似てるので、簡単なのも良いところです。

登録に必要な物

メールアドレスが必須になります。

あと身分証を登録することで信用度が上がり依頼をされやすくなったりもするのですが、しなくても受注できるので最初はしなくても良いです。

登録の流れ

  1. サイトへ行き新規登録をする
  2. メールアドレスや個人情報を打ち込む
  3. メールが届く
  4. ログインする

両サイトともこんな感じで数分程度で済みます。

登録すると依頼者、受注者どちらとしても利用できるようになります。

登録が完了したら次に依頼の種類について説明していきます。

クラウドソーシングの基礎知識

タスク、プロジェクト、コンペの違い

依頼にはいくつか種類があります。

タスク

1回ごとの仕事の依頼で、数分で済むものが多いです。

依頼の内容はアンケートや体験談など簡単な依頼、指定されたアプリをDLしてレビューを書いたり、駐車場の写真を撮ったりと多種多様です。

大きく稼ぐのは少し難しいですが、最初はとりあえずタスクをやってみるのがオススメです。

プロジェクト

プロジェクトに参加して依頼をこなすことになります。

例えば記事執筆の依頼であれば、「○○に関連する記事3本で○○○円」などです。

タスクの1回ごとの依頼とは違い、いくつかまとめてや中長期の仕事の依頼が多くなります。

他にもプログラミングやアプリ開発など専門的な依頼はプロジェクトになります。

コンペ

依頼に対して複数の人が応募し、選ばれた一人だけが報酬をもらえる仕組みです。

お店のロゴやキャッチコピーなどですね。

報酬は高いのですが、選ばれなければ報酬がもらえないリスクもあります。

初めたての時にオススメの案件

イラストが書けたりプログラミングができるなどの専門知識があればその専門知識を活かせばよいでしょう。

しかし専門知識が無くても大丈夫です。

まずはタスクで自身のステータスを上げていきます。

  • データ入力
  • 体験談
  • アンケート
  • アプリDL

などがあります。

アンケートは単価が安すぎてイマイチなのですが、1-2分で終わるのと承認率を上げやすいのがメリットです。

承認率とは?
依頼に対して行なった作業が承認されたかどうかです。クライアントは承認と否認を選ぶことができるので、承認されなければ報酬は発生しません。

これが出来ないと「ああああああ」だけで送られてきた依頼にも報酬を払わなくなるので仕方がないです。

この承認率を見て、依頼者は受注者が信用できるかを判断するので重要なステータスです。

アンケートは否認されることがまずないので、承認率をあげるために適しています。

単価をあげていこう!

作業量には限界があるので、報酬をあげようと思ったら作業の単価を上げていくしかありません。

一例ですが、こんな感じで上がっていく場合が多いです。

  1. タスクで承認率などを上げていく
  2. 依頼者からプロジェクトでの記事執筆の声がかかる
  3. もしくはプロジェクトの募集に参加する
  4. プロジェクトをこなす
  5. 再度クライアントから声がかかる
  6. 他のクライアントの依頼も受ける

タスクから初めて比較的に単価の高いプロジェクトでの受注に移行するイメージですね。

専門知識がない場合、記事執筆を行うライター方面を目指すのが依頼数、単価共にオススメです。

特別な知識がなくても、インターネット上の情報を集めて記事を募集している依頼者もたくさんいるのでライター業は安定しています。

さらにプロジェクトでも依頼者によって単価はマチマチなので、ライターであれば文字単価(1文字○円)を上げていく必要があります。

単価交渉はするべき?

交渉することで上げてもらえる場合もありますが、単価アップの交渉自体を極端に嫌う人もいます。

いきなり交渉してしまうと、失敗した時に最悪の場合は依頼が途絶えるかもしれません。

そのため、交渉をするのであればそのクライアントの仕事の優先度が下がる時が良いです。

今よりも高い単価で他から声がかかった時などが良いタイミングです。

一例ですが、交渉の文面を記載しておきます。

単価交渉案1

他から高単価での声がかかった時に引き合いに出す例です。


○○様

お世話になっております。

じつは他のクライアント様より高単価での依頼がきており、これを受けると○○様の案件の継続が難しくなってしまいそうです。

もし文字単価を○円にしていただければ継続することも可能ですが、いかがでしょうか。

不躾なご提案でご気分を害されたら申し訳ございません。

○○様には以前からお世話になっておりますので、単価さえ合えばぜひ優先してお付き合いをさせて頂きたいと思いご連絡させて頂きました。

ご一考いただけますと幸いです。

○○

単価交渉案2

もしも引き合いがなく交渉する場合は、最初の募集の時に

  • 文字単価の昇給あり
  • 文字単価○円〜○円

などと謳っていると思いますので、それについて質問する形で行なってみましょう。


○○様

お世話になっております。

文字単価の昇給について質問がございます。

現在一文字○円でご依頼いただいておりますが、こちらを上げて頂くためにはどういった努力を行えばよろしいでしょうか。

記事の質、記事の内容等、現在で至らない部分があればご指摘いただけますと幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

○○

 

あとはこの後の展開次第ですね。

具体的な指示がきたらそれを直して「では、これでどうでしょう」のような感じです。

繰り返しになりますが交渉を極端に嫌う人もいるので、他にあてもなく交渉する場合は注意してくださいね。

 

当然ですが、クライアントにとって離したくない相手の方が交渉に応じる可能性が高いです。

離したくない一つの目安として、文章の上手さよりも知識の方が重宝される傾向にあります。

特にクラウドソーシング上に専門家の少ない知識がある場合はかなり高単価がでる可能性がありますし、クライアントが交渉に応じる可能性が高くなります。

 

とはいえ、1.2人と付き合ったくらいでは判断が難しいので、複数人のクライアントと付き合ってあなたにとって良い人との付き合いを優先していくのが良いですよ。

  • お互いが求める納品記事数
  • 単価
  • 指示が具体的にもらえた方が良いor自由に書きたい

など、あなたが何を優先するかによりますので。

クラウドソーシングのまとめ

クラウドソーシングの始め方から単価交渉までを説明してきました。

攻略要素があってなかなか楽しめるので、興味があれば始めてみてくださいね!

だらだら過ごすよりも隙間時間で自分の価値を高めていきましょう!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です