アプリをオンで働けるUber Eats配達パートナーってどんな仕事?

この記事ではアプリをオンにしている間だけ仕事の依頼がくる画期的な仕事、Uber Eats配達パートナーについて説明しています。

好きな日に好きな時間だけ働けるので、サラリーマンの副業や専業主婦の方にも人気のお仕事です。

Uber Eats配達パートナーって何

Uber Eatsというサービスをご存知ですか?

Uber Eatsには多数の飲食店が登録していて、好きなレストランを選んで注文すると自宅や職場まで届けてくれる、いわゆるデリバリーサービスです。

その時の配達をするのが、Uber Eats配達パートナーのお仕事です。

イメージしている働き方とは違い、配達パートナーは好きな時に好きなだけ働くことができます。

アプリをオンにしている時は依頼がきますが、アプリをオフにしていれば依頼はきません。

時間での拘束などはないので、働きたい時だけアプリをオンにすれば良いのです。

Uber Eatsの注文の流れ

Uber Eatsで注文すると、以下の流れで注文した品が届きます。

  1. Uber Eatsで好きなレストランを選び注文する
  2. 注文を受けたレストランは料理を準備
  3. 同時に近くでアプリをオンにしている配達パートナーに依頼が行く
  4. 依頼を受けたら配達パートナーはレストランで注文の品を受け取る
  5. 注文者に届ける

これが一連の流れとなり、配達パートナーにはこの時点で報酬が発生します。

注文した人はクレジットカード決済になっているので、お金のやりとりを直接やらなくていいのも良いポイントです。

Uber Eatsのサービス対応エリア

エリアは順次拡大中ですが、2018年1月時点でのサービス対応エリアは以下です。

東京、埼玉、千葉、横浜、川崎、大阪、京都、神戸、名古屋、福岡の一部エリアになります。

エリアまで電車で移動して、レンタルの自転車で稼働している人もいます。

配達パートナーの報酬

報酬は時給などではなく、完全歩合制です。

先ほどの受け取りから受け渡しまでの一連の流れで報酬が発生しますが、内訳は細かく設定されています。

全ての基本!基本料金

基本料金は以下の3つから計算されます。

  • 店舗から受け取り 300円
  • 注文者に受け渡し 170円
  • 距離料金 1km毎に150円

この合計額が基本料金となります。

例えば2kmの配達をした場合は300円(受け取り料)+170円(渡し料)+150円×2(距離料金)=770円となります。

ここからサービス手数料が35%惹かれるので、この場合の報酬は500円になります。

しかし、さらにここに加算されるブーストとインセンティブという報酬があります。

MEMO
1つのレストランで複数の届け先の注文を受け取る場合があります。2件分受け取った場合、受け取り料の300円は変わりませんが、受け渡し料の170円が2倍になり、距離料金もそれぞれ加算されます。

報酬○倍!?ブースト

地域や時間や曜日によって、ブーストと呼ばれる基本料の倍率が上がるボーナス的な報酬が存在します。

例えば、午前11時-午後13時のあいだは報酬1.5倍などです。※例外はありますが、忙しい時間や曜日に発生する傾向にあります。

ブーストはサービス手数料の35%が引かれる前の基本料金にかかります。

2kmの距離の配達をした場合は、基本料金770円の1.5倍となるので1,155円になります。

1,155円-770円でブースト分は+385円です。

繰り返しになりますが基本料金からはサービス手数料が引かれるので、この場合のブースト分を足した報酬は885円となります。

例えば1時間で2件配達したら時給換算で1770円になりますね。

狙っていきたい!インセンティブ

インセンティブという特別報酬が発生していれば、特定の条件を満たした場合にさらに報酬の上乗せが行われます。

1日に○○件以上配達で一件ごとに報酬上乗せだったり、天候の悪い日や土日祝日に発生した前例があります。

数日前-当日にアプリ上やメールで告知されるので、インセンティブが発生している時はなるべく狙っていきたいですね。

配達パートナーの登録方法

面接などはなく、18才以上であり日本で就労が可能である人であれば配達パートナーになれます。

配達パートナーになるためには、事前に登録が必要です。

公式サイトから申し込み、一度だけ登録会場に行く必要があります。(各エリア近辺に有るが、どこで登録してもどこでも稼働可能)

登録会場で業務の説明を受け配達用のカバンを受け取れば、その日からでも配達パートナーとして稼働することが可能です。

配達パートナーに必要な物

まず依頼を受けるためにスマホは必須になります。

自転車やバイクも必要になりますが、駅前にあるようなレンタル自転車やバイクをUber経由で月単位で安めにレンタルすることもできるので、電車で稼働エリアに移動してそれを使っている人もいます。(月額4,000円〜)

他にも地図アプリやスマホバッテリーもあった方が良いです。

先ほども書きましたが、配達に使う料理を入れるカバン(リュック)は登録会場に行った時に配布されます。

配達パートナーの魅力

  • 好きな時間に好きなだけ働ける
  • ブーストやインセンティブなど攻略要素がいっぱい
  • 誰でもなれる※18才以上、国内での就労が可能
  • 稼げる可能性を秘めている

空いた時間や仕事が終わってからなど、好きな時間に好きなだけ働けるのが魅力です。

また、ブーストやインセンティブなどを絡めることで、報酬を上乗せできる可能性を秘めた攻略要素も魅力的ですね。

ぜひ挑戦してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です